原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名タイムマシンに乗って
コメント 僕は夢を見ていた。
時間という概念的な枠組みを乗り越えて
時空の狭間をすり抜けて
どうやら、とんでもない旅をしてきたようだ。
それは、
魑魅魍魎の平安京の時代であったり
栄華と没落の足利将軍の時代であったり
強者は奢る安土桃山の時代であったり
300年の歴史の江戸時代であったり
幕末の志士達の血の歴史であったり
大正あるいは昭和の浪漫の時代であったり
生き馬の目を射抜く現代の時代であったり
かって少年が夢見た未来の21世紀の時代であったり
そんな多岐にわたる夢の連続であった。
夢を持てっ!と、叱咤激励され
夢を見るなっ!と、戒められた
そんな人生のあやふやな時間は
連続的なメタファーとしての形骸でもある。
どの時代にも、血の通った、庶民という者がいて
泥臭い、生々しい現実感あふれた生活が存在し
そんな、息遣いや、汗や血の臭いを嗅ぎ
いささか辟易しながらも僕は時代を旅をしてきた。
何故、すれ違ってしまったのか
何故、食い違ってしまったのか
そんなことを考えても、答えは永遠にわからないし
実に、くだらない、俗物的な歌謡曲が聞こえてきそうで
僕は目を閉じるだけで、耳を塞ぐだけで、
そして、ただひたすら、口を閉ざしているだけだった。
ただ、郷愁が甘く囁く秋の陽射しは柔らかく、
身に深く深く染み込んでいく事は理解できそうな気がする。
僕はそんな夢を見ていた。

ps: プチご無沙汰でした
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 800pixel × 400pixel (74 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs13.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=tanto

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト