原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名諸君っ!祖国を守れっ!
コメント 福岡ドームに突如、北の軍隊が現れた。
わずか9人のコマンダーだが
特殊部隊にして屈強な戦士達だ。
わずか二時間後、500名の別働隊が
旧雁ノ巣飛行場に現れ
9人の先発隊と合同し
いとも簡単に福岡ドームならびに
その周りは完全に占拠された
日本政府の怠慢な対応により
福岡は完全に孤立し、北の部隊により
日本国からの独立を宣言された。
一瞬のタイミングで僕は福岡を脱出し
地球防衛軍の秘密基地に向かう
いつでも北の軍隊を攻撃できるように
ミサイルを準備完了した。
おそらくはこの攻撃で北の軍隊を
壊滅できるに違いない。
だが、僕の愛すべき福岡市は
そしてそこに暮らす善良な市民達を
壊滅的な状態にしなければならない。
さて、僕らが守るべきものとは
一体全体何なのだろう?
震える指でミサイルの発射ボタンを押す・・・

とまぁ、妄想の世界に浸っているのだが
実はこれ、村上龍の小説「半島を出よ」を
1/3ぐらい読みかけての、妄想である。
2005年に発表されたこの小説は
2010年の世界を描いている。
日本は経済的に壊滅状態となり
消費税17.5%、失業率10%、預貯金封鎖
頼みのアメリカもそっぽを向き
全世界の厄介者と成り果てた日本が舞台。
読み進めていくうちに、ありえない話では
決してないなと、思い始めた。
いざそうなったとしても、
この半世紀を生きてきた僕は
体力的にもどうにもならなくて
結局、北の屈強な戦士達と
出来るだけ目をあわさずに
生きていくしかないなぁと
実際のところ思っているのであります。
あぁっ、クワバラクワバラクワバラカズオ!
ということで、有事に備えて体力をつけるため
本日も1時間のウォーキングを炎天下でこなしたのだが
うぅ〜〜〜んっ!ばてたっ!
どうやら僕に日本防衛の期待は持たないで欲しい・・・
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 OLYMPUS IMAGING CORP. / u750,S750
焦点距離 / 35mm換算 10.1 mm /
シャッタースピード 1/200
フラッシュモード Off, Did not fire
サイズ 640pixel × 480pixel (39 kB)
撮影日時 2007:08:23 18:29:46
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs13.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=tanto

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト