原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 冬季はテツ休業状態
コメント 14時にバケツ一杯の魚(多分ウグイとイワナ)が雪原に撒かれます。
丹頂は雑食らしく普段は雪原に撒かれたトウモロコシを食べています。
このトウモロコシを狙ってハクチョウやその他野鳥もやってくるのです。

猛禽類にとって冬はエサが少ない季節。ネズミやリスを見つけるのも大変なのか、
14時の魚は絶好の蛋白源なのでしょう。14時丁度に近隣の山から飛び立った
ワシ類が雪原上で円弧を描き降下してきます。

14時15分頃までは丹頂とワシ類、トンビにカラスとエサの魚の争奪戦が
繰り広げられます。阿寒国際ツルセンターではこの争奪戦を見せ場としてますので、
見方によっては一種のバトル・ショウ、むやみに鳥類のケンカを見世物にするのは
どうかとの意見もあることでしょう。

しかし釧路、阿寒町、その他近隣の過疎状況を見るにつけ、圏外者の意見は
やはり部外者の意見なのだと思わずには居られません。


この時間を過ぎると見学者や撮影者も半減し、ノンビリと撮影に専念できます。
しかし15時を更に過ぎると日は思いっきり傾き、一挙に気温が低下します。
私が屋外で撮影できる限界が16時前でした。


身支度を整えて、センターを出て国道反対側の"赤いベレー"に移動します。
ここでは400円で温泉に入湯でき、17時からはレストランで地場のエゾシカ
のステーキやハンバーグ、その他お腹に嬉しい料理が頂けます。

ここで18時直前まで時間を過ごして、18時11分発釧路駅前行きの110便バス
に乗りまして釧路空港か終点の釧路駅まで移動します。釧路駅まで1410円也。

乗客は多くて10名。典型的な過疎地帯のバスです。
暖房が強く効いてますので直ぐに睡魔に襲われます。


最近はこうした地場のバスや公共施設を上手く利用するのも楽しみの一つに
なっています。確かに本数が大変少なく時間をもてあまし気味にもなりますが、
普段分単位であくせく通勤している環境から抜けてノンビリするのも
良いリフレッシュになります。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 NIKON CORPORATION / NIKON D7000
焦点距離 / 35mm換算 400.0 mm / 600 mm
シャッタースピード 1/1000
ホワイトバランス Custom
フラッシュモード Off, Did not fire
サイズ 2000pixel × 1325pixel (230 kB)
撮影日時 2013:02:03 10:30:54
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs13.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kuradmin

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト