原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名お早うございます
コメント 今政界では「小池劇場」が開演・新しい嵐が吹き荒れています。
前原民進党はとうとう解党し、希望の党との実質合流を目指すという。
最後までぶざまな民進党の対応デス。
小池代表は「民進党と合併はしない。こちらに入党したければ、個人として、安全保障と改憲の意向が一致すれば入党を許可する」と、
なんとも頼もしい、強きな発言でデス。

NHKのこの秋は「葛飾北斎」関連番組がいっぱい
私たちは北斎を楽しんでいます。

お栄は(後の葛飾応為:宮?アあおい)父の「影」として北斎の絵を描き続ける。北斎は眩しい光、自分はその影でいい。
そうしてお栄は小さい時から絵を描き続ける。
やがて時は過ぎ、心の中で常によりどころであった善次郎も、北斎もこの世を去る。
60歳を過ぎたお栄は、一つの真実にたどり着く。

「影が万事を形づけ、光がそれを浮かび上がらせる。この世は光と影でできている」――
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 700pixel × 984pixel (72 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs13.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kodake

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト