現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:久々の銀山平 名前:くら。@鎌倉
2017/06/26(Mon) 23:27 No.1992 


常連の皆さま

相当長期間、弊HPが放置状態となっております。
とは言え、ぼちぼちと新作を増やしたり(『小田急を撮る』を参照のこと)些細な
努力は続けておりますのでご容赦。


さて、今回は写真は御座いません。
先日久々に、新潟県魚沼市の銀山平へ釣りに出かけました。
1年ぶりの釣行です。

新幹線+レンタカーを事前予約して越後湯沢10時前下車。駅レンタカーを2日間借りて、
まずは六日町のジャスコでお買い物。

ドリンクやお昼ご飯、虫よけスプレーなどはここで何時も調達します。
ついでに昔通った六日町〜美佐島の田園風景を確かめて国道291号へ。

本線は国道17号です。信号の少ない国道291を使えば、そのまま旧湯之谷村に
入れます。久々のシルバーラインを使い釣り場に到着したのは午後12時過ぎ。
結構スピードだしましたかね?? まあそこは大人の責任と言うことで…

シルバーラインの途中に白光橋と言う、銀山平に出られる分岐があります。
白光橋たもとに銀山茶屋さんがありました。そう過去形です。
それが4〜5年前に店舗を畳み、今は更地になってしまってました。
ここの山菜定食は美味しかった…

山の景色はほとんど変わりません。荒沢岳も相当量の残雪を抱えたままです。
この調子でいけば、8月は残雪が残ったまま、初冬に初雪を迎えそうです。

しかし、北の又側だけは毎年のように流れが変わります。
春の豪快な雪代増水が、1メートル程度の岩石なら簡単に下流へと流しだしてしまうのです。

白光橋も私が20数年前に初めて探訪した頃より、川面〜橋の水平面の距離が数メートル
縮みました。毎年のように土砂が上流から流れて堆積します。
これはここ特有の現象ではなく、日本各地で普通に見られる、河川の浸食現象です。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: